よく当たると評判の占い方法がこちら|あの子との相性が分かる

古くから伝わる占術

女の人

九星気学は、生まれ年から九星に分けて、性格や基本運勢などを占う方法です。本格的に占う場合には、星の流れを読んで運勢を占う傾斜法が用いられます。しっかりと運勢を占いたい場合には、この2つを利用してみましょう。

もっと見る

色を調べてみましょう

占いをするレディ

オーラとは、一人ひとりが持つ色のことです。ネットやパワーストーンショップなどで診断できます。自分や周りの人の色を知ることで人間関係がよりスムーズになることもあるので、ライフスタイルに取り入れていくと良いでしょう。

もっと見る

人生の道標となる数字

占い道具

自分の生年月日から、エンジェルナンバーを算出することができます。エンジェルナンバーには、それぞれ意味があり、自分の人生で役に立つ場面が多々あります。上手に活用すれば、人生を豊かにすることができます。

もっと見る

運勢や相性が占えます

水晶と手

生まれ年の気

九星気学は、古くから用いられてきた占術で、運勢や相性が占えます。九星とは、惑星のことではなく、易の八卦から来ています。八卦は、古代中国が発祥で、天地自然に象って作られた占いと言われています。宇宙の出来事に対する意味と変化を方位に当てはめて表し、運勢や相性を占うもので、よく当たると日本でも人気があります。九星気学では、宇宙には目に見えない気が満ちていると考えられており、その気は宇宙をつかさどり、人の運勢や相性にも影響を与えているとしています。人は、生まれ年によってそれぞれ独自の気を持ち、九星気学では生まれながらに持つ気の種類を9つに分類し、意味づけをしているのです。九星気学を始めるときは、まず、自分の星を調べます。そうすることで当たる確率が高くなってくるのです。

自分の本質を知る

傾斜法も古くから伝わる占術で、隠された自分の本質を知ることができると言われています。九星気学の一種で、自分の本当の性格がわかる占いです。傾斜法では、宇宙を9つの傾斜に分類します。そして、その9つの傾斜には、それぞれひとつずつ星が割り当てられています。誕生年から自分の星を知り、その星がどの傾斜になるのかを調べます。例えば、星が一白水星なら、傾斜は坎宮傾斜になり、二黒土星なら坤宮傾斜になります。傾斜法では、生まれながらの性格がわかる以外に、表に現れていない隠れた才能や欠点なども知ることができます。それらがわかると、人生をさらに幸福で充実したものにするための方策も見えてきます。傾斜法を利用して、悩みを解消した人も数多くいます。

このエントリーをはてなブックマークに追加